プレス.com
合唱祭・合唱コンクール
Blu-ray・DVD製作承ります
音楽性のある作品づくりには絶対の自信があります。
合唱祭・合唱コンクールの仕様はこちらをクリック!





プレス会社だから実現できる低価格の理由
当社はプレス製造事業で創業しました。事業で培ったノウハウ、また創業以来のプレス実績によるコスト削減を実現しています。

当社指定のISO取得工場との直接取引により安定した価格でご提供いたします。


プレスDVDが高品質な理由
DVDメディアに情報データを記録するためには「プレス」と「コピー」の2つの方法があります。

ここでは「DVDプレス」と「DVDコピー」についてご説明します。
 DVDプレス
プレス工場でのみ製造が可能です。カッティングマシンと呼ばれる機械で「スタンパ―(原盤)」と呼ばれる金型を製作し、プラスチック原料を噴出プレスすることで「DVD-ROM」へ物理的にデータを記録する製造方法です。
プレスされた「DVD-ROM」には*1「ピット」と呼ばれるクレーター状の凸凹が形成されます。一般的な市販DVDプレイヤーは*1「ピット」にレーザー光を照射して反射光から信号を読み取り映像・音声を再生します。
「DVD-ROM」とは市販されているDVDビデオ(映画など)・DVDソフト(ゲームなど)等の読み取り専用DVDです。また「DVD-ROM」の規格は全世界で統一されていますのでDVDディスクとDVDプレイヤーの再生互換の問題が起きる可能性は極めて低いです。
記録メディアとして大きなメリット「長期保存」にも適しています。
*1「ピット」とは高精度「スタンパ―」を基に精密に形成されているので非常に高い精度を保持し、再生される映像・音声も高品質です。

 DVDコピー
市販されている書き込み用「DVD-R」の色素膜にレーザー光を当て熱によって*2「マーク」と呼ばれる平面的な模様を作って信号を記録する製造方法です。ご家庭用のパソコンで作成する方法と同じです。
基本的にはDVDプレイヤーやDVD読み取り対応ドライブ付きのパソコンで再生可能ですが、読み取りドライブの対応規格によっては再生できない場合があります。記録面には保護膜が無いため傷や汚れがついてしまうと画質・音声に悪影響を及ぼすことがあります。また、「DVD-R」自体の劣化が早いため長期保存していると画質・音声が低下することがあります。
*2「マーク」とはレーザー光を当てた時の反射率は「ピット」とよく似たものですが、カッティングした「スタンパ―」を複製して作られた「DVD-ROM」とは物理的な構造が異なるため、再生される映像・音声も「DVD-ROM」と比べてやや劣ります。
お問合せ